用語解説

 
 

感染症とは

  感染症とは、ウイルスや細菌などの病原体が体内に侵入して増殖し、発熱や下痢、咳等の症状がでることをいいます。感染症には、人から人にうつる伝染性の感染症のほかに、破傷風やツツガムシ病などのように人から人にはうつらず、動物や昆虫から、あるいは傷口から感染する非伝染性の感染症も含まれています。感染してもほとんど症状がでずに終わってしまうものもあれば、一度症状がでるとなかなか治りにくく、時には死に至るような感染症もあります。
(出典:三重県感染症情報センター 感染症って? こちら

 感染症とは、病原体(=病気を起こす小さな生物)が体に侵入して、症状が出る病気のことをいいます。病原体は大きさや構造によって細菌、ウイルス、真菌、寄生虫などに分類されます。病原体が体に侵入しても、症状が現れる場合と現れない場合とがあります。感染症となるかどうかは、病原体の感染力と体の抵抗力とのバランスで決まります。
 (出典:AMR臨床リファレンスセンター 感染症の黄本 こちら
 

予防策のいろいろ

1.新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~ 首相官邸 こちら

2.
新型コロナウイルス感染症対策 横浜市 こちら
 
 

感染症予防教育のねらいと特徴

 
 このサイト内の「定義と目標」のページへ移動する。